Top Page  Light Mellow’s Choice  Interview  Profile  Works  BBS  Blog  Contact  

井田リエ&42NDストリート
スター
RIE IDA & 42ND STREET / STAR
 
CRCD5025 (クリンク レコード)
2012年9月26日(水)発売 定価2,500円 +税
CD

熱心なAORファン〜和モノDJに抜群の存在感を放ちオリジナル・アナログ盤が高騰している、今最も注目すべき“早すぎたレディ・ソウル”(『Light Mellow和モノ669』)、井田リエ&42ndストリートのキング・レコード時代の2作品が遂に初CD化!
 
名フュージョン・バンド、カリオカ (CARIOCA)でも活躍した永田一郎(key)や小田和正のバックバンド“Far East Club Band”でバンマスを努める園山光博(sax)ら今も第一線でシーンで活躍する腕利きミュージシャンらが顔を揃えた42nd STREETのセンス抜群のサウンドに、確かな実力に裏打ちされたソウルフルなヴォーカルが融合した極上のシティ・ソウル作品!!
 
オーセンティックなソウル・バラードからハイ・テンションなファンキー・チューン、ホーン・セクションをフィーチャーした陽気なジャンプ・ナンバー、そして時代性を反映したメロウなシティ・ソウルといった具合にバランスよく配置された楽曲群はゲストとしても参加しているつのだ・ひろ(M-4、M-5、M-6)、長谷川きよし(作曲M-1、M-9)、メンバーの米倉良広(作曲M-2、M-3、M-8)、園山光博(作曲M-7)らが手掛けており、いずれも聴き応えのあるものばかり。
中でもM-2『パーティーを抜け出して』は吉田美奈子、大貫妙子などに代表される和製メロウ・グルーヴ好きには間違いなくキラーな出色の出来!流線形と比屋定篤子、一十三十一など現在進行形シティ・ポップス・ファンも一聴してそのクオリティに惚れ込む事間違いなし!!
 
和製R&Bの系譜を遡ると、自ずと70年代前半のJ-POP黎明にぶつかる。真っ先に名前が挙がるのは、ローラ・ニーロ的な立ち位置でデビューした吉田美奈子、“下北沢のジャニス”の異名取った金子マリ&バックス・バニー、関西でディープに歌っていたスターキング・デリシャスの大上留利子、歌謡界でヒットを飛ばしアルバムで本懐を表した大橋純子あたりだろうか。そうそう、ジャズ・ベースの鈴木勳プロデュースでデビューし、その後ソウル寄りにシフトしたmimiこと宮本典子の存在も忘れられない。
 だが、何かもうひとつシックリ来ない。もっと正々堂々と、真正面からソウルを歌うシンガーはいないのか…。当時、そんな物足りない思いを抱いていたリスナーは、決して少なくなかったはずである。そこに颯爽と現れたレディ・ソウルが、ここに紹介する井田リエ&42nd Streetだ。〜ライナーより一部抜粋
 
編曲:42nd Street
井田リエ:Vocal
米倉良広:Guitar
永田一郎:Keyboard
平沢幸夫:Guitar
南正幸:Bass
園山光博:T.sax、S.sax、Flute
四宮寛:Tp
 
Recorded at キングレコード・スタジオ/音響ハウス
Produced and directed by:兼松光
Co-produced by:井田リエ&42ndストリート
 
Guest Musicians
:つのだ☆ひろ(Drums)
:島村英二(Drums)
:長谷川きよし(Acoustic Guitar)
:梅垣達志(Chorus)
:尾形道子(Chorus)
:吉川祐二(Percussion)
 
解説:金澤寿和
 
『Light Mellow和モノ669』掲載作品
世界初CD化
初回限定生産
オリジナル・マスター・テープからの2012年24bit最新リマスター音源使用
オリジナル・リリース:キング(CRYSTAL BIRD) SKS-1044 1980年発売
 
1.ひとこと
(野走英美作詩/長谷川きよし作曲)
2.パーティーを抜け出して
(萩田寛子作詩/米倉良広作曲)
3.波のメッセージ
(萩田寛子作詩/米倉良広作曲)
4.スター
(つのだ・ひろ作詩、作曲)
5.光と影
(つのだ・ひろ作詩、作曲)
6.Victory or Defeat
(つのだ・ひろ作詩、作曲)
7.雨のささやき
(萩田寛子作詩/園山光博作曲)
8.South Big Wave
(斉門はし羅作詩/米倉良広作曲)
9.音をたてて愛が
(津島玲作詩、長谷川きよし作曲)


Copyright 2011-2019 Light Mellow on the web, All Rights Reserved. supported by 芽瑠璃堂.