Top Page  Light Mellow’s Choice  Interview  Profile  Works  BBS  Blog  Contact  
Light Mellow's Choice
音楽ライター、金澤寿和が監修する大人の音楽ファンたちに向けたCDシリーズ。AORやシティポップスを中心に、70〜80'sの隠れた名盤の発掘・再発から、その流れを受け継いだ新作まで、メロウでアーバンなサウンドだけを抽出してお届けします。我々がこだわるのはジャンルやスタイルではなく、そこに込められたハートとクオリティです。

 すべて 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 
楠木恭介 / ジャスト・トゥナイト
2007.10.17発売 RATCD4325 (ヴィヴィド サウンド)
柳ジョージ&レイニー・ウッドの後任ヴォーカリストやカシオペアのゲスト・ヴォーカリストとして、CM界ではコカ・コーラ等でお馴染みの、あのソウルフル・ヴォイス!!

東北新幹線 (NARUMIN & ETSU) / Thru Traffic
トウホクシンカンセン / スルートラフィック
2007.10.17発売 RATCD4324 (ヴィヴィド サウンド)
山下達郎や竹内まりやのレコーディング・セッションやライヴ・ツアーでも活躍した山川恵津子と鳴海寛による男女ユニット、“東北新幹線”。

吉田正美 / My Tune, My Turn
ヨシダマサミ / マイ・チューン、マイ・ターン
2007.09.19発売 RATCD4323 (ヴィヴィド サウンド)
今年音楽活動35周年を迎える元グレープのギタリスト、吉田政美の極上シティ・ポップ・アルバムがファン念願のCD化!!時代は80年代へ。

吉田正美&茶坊主(フィーチャリング菊池まみ) 吉田政美 / トゥリー・オブ・ライフ
2007.09.19発売 RATCD4322 (ヴィヴィド サウンド)
遂に待望のCD化!!元グレープでさだまさしの相棒の吉田政美が放つ初のソロ・プロジェクト!!グレープ・ファンはもとよりシティ・ポップ・ファン必携の極上リゾート・アルバムだ。

ルネージャ / ザット・レディ
RENAJA / That Lady
2007.07.18発売 VSCD3359 (ヴィヴィド サウンド)
オーガニック・ソウルとアーバン・ポップスを溶かしたメルティなサウンドと、ほのかに香り立つジャズのテイスト。UK帰りのオリエンタル・クール・ビューティーが、艶やかに舞い、エモーショナルに歌う。魅惑のシンガーとベテラン・サウンドクリエイターが織りなす新ユニット、ここに待望の本格デビュー。

フォンダ・ファインゴールド / フォンダ・ファインゴールド
FONDA FEINGOLD / Fonda Feingold
2007.07.18発売 VSCD3358 (ヴィヴィド サウンド)
近年発掘されたフィメールAOR作品の中でも群を抜く上質作品の登場!!!ポール・デイヴィスやデヴィッド・ラズリーとの親交でもマニアには注目された女性シンガー・ソングライターのアーバン・メロウなトラック満載の隠れた名作が待望の世界初CD化。ラズリー、アーノルド・マッカラーらの参加が花を添える!!更にボーナス・トラックで、フォンダが自主制作した、なんとポール・デイヴィスのプロデュース作品を含む4曲入りEP『Finally』を完全収録!!(1978年作品)

ローレン・ウッド / ラヴ・デス&カスタマー・サーヴィス
LAUREN WOOD / Love, Death & Customer Service
2007.07.18発売 VSCD3357 (ヴィヴィド サウンド)
マイケル・マクドナルドを彷彿とさせるテンダー・ローズなヴォイスで多くのAOR/SSWファンを魅了するローレン・ウッド。彼女の10年ぶりの新作が到着!!ロビー・デュプリーや彼女の名作『キャット・トリック』のプロデューサーだった元クラッキンのピーター・バネッタを始め、クリス・モンタン、スティーヴン・ビショップ、レスリー・スミス、ヴァレリー・カーター、アンドリュー・ゴールド、アーノルド・マッカラー、ビル・ペイン、フリーボ他、ウエスト・コーストの豪華ミュージシャン陣の参加で、期待を裏切らないメロウでポップな楽曲が満載だ。ゾンビーズ『ふたりのシーズン』のカヴァー・センスも抜群だ。

ローレン・ウッド / ローレン・ウッド
LAUREN WOOD / Lauren Wood
2007.07.18発売 VSCD3356 (ヴィヴィド サウンド)
81年のセカンド・ソロ『キャット・トリック』から実に16年ぶりに日本先行発表されたローレンのサード・アルバムが、最新リマスター及び<I Will Wait For You(Electric Eyes)> のシングル&アルバム・ヴァージョンをともに収録した完全米国仕様トラックにて復活!!ボーナス・トラックには映画『プリティ・ウーマン』の大ヒット挿入歌『Fallen』の劇中ヴァージョンを堂々の収録!!

ポール・クラーク / アウト・オブ・ザ・シャドウ
PAUL CLARK / Out Of The Shadow
2007.05.23発売 VSCD3355 (ヴィヴィド サウンド)
70年代初頭から活躍し、あのブルース・ヒバードを発掘した張本人ポール・クラーク。このCCM界の伝説的シンガー・ソングライターの名作が、いよいよ日本リリース。ペイジス〜Mr.ミスターのリチャード・ペイジ&スティーヴ・ジョージ、エアプレイのトミー・ファンダーバークらが参加し、まさにブリリアントでクリアーなサウンドが聴けるポールの代表的アルバム。(1984年作品)

ポール・クラーク / ドローン・トゥ・ザ・ライト
PAUL CLARK / Drawn To The Light
2007.05.23発売 VSCD3354 (ヴィヴィド サウンド)
70年代初頭から活躍し、あのブルース・ヒバードを発掘した張本人ポール・クラーク。このCCM界の伝説的シンガー・ソングライターの名作が、いよいよ日本リリース。バックにジノ・ヴァネリを支えたカルロス・リオス、レオン・ゲイア、マイケル・フィッシャーらが参加し、ブルース・ヒバードも名を連ねた傑作。(1982年作品)

ポール・クラーク / ニュー・ホライズン
PAUL CLARK / A New Horizon
2007.05.23発売 VSCD3353 (ヴィヴィド サウンド)
70年代初頭から活躍し、あのブルース・ヒバードを発掘した張本人ポール・クラーク。このCCM界の伝説的シンガー・ソングライターの名作が、いよいよ日本リリース。ブルース・ヒバードやケリー・ウィラード、フィル・キーギーらがサポートし、更に洗練度を高めたAOR名作。(1981年作品)

ポール・クラーク / エイム・フォー・ザ・ハート
PAUL CLARK / Aim For The Heart
2007.05.23発売 VSCD3352 (ヴィヴィド サウンド)
70年代初頭から活躍し、あのブルース・ヒバードを発掘した張本人ポール・クラーク。このCCM界の伝説的シンガー・ソングライターの名作が、いよいよ日本リリース。エイブ・ラボリエルやビル・マックスウェルといったコイノニアの敏腕たちやアーニー・ワッツに囲まれ、メロウでグルーヴィーなサウンドに大きく舵を切ったAOR名作。(1980年作品)

ジョージ・アンド・G / ソー・マッチ・トゥ・セイ
GEORGE & G / So Much To Say
2007.02.21発売 VSCD3351 (ヴィヴィド サウンド)
豪華ビッグネームが集結したAORファン注目の作品が待望の日本初登場!!

ブルース・ロバーツ / ブルース・ロバーツ
BRUCE ROBERTS / Bruce Roberts
2007.02.21発売 VSCD3350 (ヴィヴィド サウンド)
ベット・ミドラー、ロバータ・フラック、ディオンヌ・ワーウィック、アレサ・フランクリンと数多くのビックネームのヒット曲を手掛けるメロウ・バラーディアー、ブルース・ロバーツの初のリーダー作!!

デヴィッド・ポメランツ / オン・ディス・デイ
DAVID POMERANZ / On This Day
2007.02.14発売 VSCD3349 (ヴィヴィド サウンド)
日本未発売だったデヴィッド・ポメランツの最新作。作曲パートナー、アレンジャー、ベースプレーヤーとして、元サヴァイバーのジム・ピートリックを迎え、一味違うスパイスの効いたミディアムバラードを聴かせてくれる名作だ。(2001年作品)

デヴィッド・ポメランツ / ボーン・フォーユー
DAVID POMERANZ / Born For You(his Best & More)
2007.02.14発売 VSCD3348 (ヴィヴィド サウンド)
日本未発売だったデヴィッド・ポメランツの究極のバラード集。ある時は大切な恋人とまたある時は一人で癒されたい、そんなロマンティックでスウィートで、切ないポメランツ・ワールドをあなたに。デジタルリマスター。日本のファンだけに向けたボーナストラックを追加収録予定。(1999年作品)



Copyright 2011-2019 Light Mellow on the web, All Rights Reserved. supported by 芽瑠璃堂.